スタッフダイアリー

一問一答 行く年来る年 その3

2010年12月17日

平成22年を振り返る、幸山政史との一問一答の第3回です。


-暗いニュースの多い一年だったと思いますが、正月早々、全国高校サッカー選手権大会でルーテル学院高校がベスト8、夏の甲子園では九州学院高校がベスト8、そしてロアッソ熊本が昨年の14位から7位へ躍進など、スポーツでは明るいニュースがありました。

幸山 熊本ではスポーツで明るい話題を提供してくれました。特にロアッソ熊本の今シーズンの活躍は県市民に元気を与えてくれました。今シーズンは私も5試合応援に駆けつけましたが、来シーズンは今年以上に盛り上がり、熊本市の政令市移行とロアッソのJ1昇格とが同時期になってくれることを期待しています。


-今年は特に忙しくて、余り本を読んだり、映画を見たりする時間は無かったと思いますが、何かお薦めのものがございましたらご紹介下さい。

幸山 今年は劇団きららの星の王子様とゼーロンの会のハムレットを観劇し、生の舞台に触れることが出来ました。どちらも熊本を拠点として活躍されている劇団です。熊本の文化の向上のために、大変だとは思いますが頑張ってほしいと思いました。そして皆さんも身近にあるものにもっと目を向けてみませんか。きっと新たな発見や感動が見つかるのでは、と思います。


-何か思い出に残っているような、美味しい物はありましたか。

幸山 何でも美味しく食べるのですが、その中でも思い出深いのは、1月に託麻中学の生徒たちと食べたひご野菜を使った給食と選挙期間中に慌しく立ち寄った地元のふれあいフェスタで食べた団子汁やおにぎりの味とが忘れられません。色んな場面で熊本市は食の宝庫であることを実感しています。


一問一答 行く年来る年 その1
一問一答 行く年来る年 その2

幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード