メールマガジン「幸山せいしマガジン」

一覧へ戻る

今年の漢字は「繋」(つなぐ)〜人と人、地域と地域、そして時代と時代

2014年01月14日

みなさんこんにちは。暖かいお正月でしたね。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 『幸山せいしマガジン vol.106』をお届け致します。

//
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [1]コウヤマノート(幸山政史がメルマガ用に特別に書き下ろしています)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年の正月は比較的天候にも恵まれ、初詣や初売り、観光地など、どこも賑わっていたようです。熊本城の元日の入城者数が過去最高を記録するなど、早速嬉しいニュースも飛び込んでまいりました。皆さんもそれぞれによき正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。

  今年は暦の関係で年末から年始にかけて9連休となり、私自身もいつも以上に穏やかな正月を過ごしつつ、いよいよ目前に迫ってきた熊本城マラソンに向けて練習に勤しみました。随分と長い距離を走れるようにはなりましたが、42.195㎞はまだまだ未知の世界です。焦る気持ちを抑えながら、怪我や故障に気を付けつつ、出来る限りの準備はしておきたいと思います。

  仕事初めの1月6日は、例年のように市役所のホールで仕事初め式を行い、その後は年頭の記者会見へと臨みました。市長に就任して12回目の仕事初めですが、何年経っても程よい緊張感の中でこの日を迎えています。その場で発表したのが「今年一年を漢字一文字で表すと?」との問いに対し「繋」であるということです。もちろんこの文字に色んな意味を込めていますが、政令市移行から3年目に入る熊本市では、人と人、地域と地域、時代と時代、それらを繋ぐということを強く意識しながら、まちづくりを進めていきたいと考えています。
  
  先ずは人と人。熊本市はこれまで十数回の合併を繰返し現在の73万政令市まで発展を続けてきており、今でも旧町村を単位としたコミュニティは根強く残っていますが、現状では、全体的には希薄化しつつあること、人口増加地域と減少地域との二極化が進みつつあること、全体として少子高齢化が進展し、人口減少が目前に迫りつつあること等の課題を抱えています。昨年は区ごとにまちづくりビジョンを策定し、まちづくり推進事業をスタート。更には小学校区ごとの健康まちづくりや地域版ハザードマップの作成、交通空白地域の解消等に、区役所が拠点となって地域住民の皆さんとともに取り組みを初めたところです。政令市効果を更に発揮すべく、地域住民の人と人とを繋げ、職員たちが積極的に繋がっていくことで、地域の特色を活かした、暮らしやすいまちづくりを進めていきたいと思います。

  次は地域と地域。市域内における地域の連携は基より、都市圏連携、九州、全国、アジアを中心とした世界とも積極的に繋がっていければと考えています。都市圏連携では地下水保全や公共交通等の従来の取り組みに加え、この4月から益城町と西原村の消防事務を担うことが決まっています。九州や国内では新幹線開業を契機に、福岡や鹿児島等との九州の縦軸の強化や横軸連携、関西戦略等に取り組んできました。また昨年は仏・エクサンプロヴァンスや中国・蘇州国家高新区、台湾・高雄市等と新たな国際交流関係を構築することができました。一昨年の上海事務所開設を契機とした東アジア戦略も着実に進めることで、交流人口の増加にも繋げていきたいと考えています。

  そして時代と時代。永年の悲願と言っても過言ではないような新幹線開業と政令市移行がほぼ同時期に達成された熊本市ですが、一方では少子高齢化が進み、人口減少も目前に迫りつつあります。熊本市の政令市移行が正式に決まった際に、国からは全国の縮図のような都市と称されもしましたが、政令市という手段を活用して、次世代に確実に引き継ぐことが出来るのか、時代の転換期に立ち、未来へと繋ぐ持続可能なまちづくりを進めることが出来るのか、今まさにそのことが問われていると感じています。
先の公約で掲げていた中心市街地や交通体系等の再デザイン、或いは選ばれる都市も、まさにそのような時代背景を意識しながら描いたものです。今年は常に「繋」を意識しながら市政運営にあたりたいと思います。

  今年の12月2日で私の3期目の任期は終わることになります。あっという間のようでもありますが、12年前は遥か彼方のことのようでもあります。当たり前のことではありますが、この間とにかく一所懸命に取り組んでまいりました。「次はどうするのか?」さすがに最近はよくこの質問を受けるようになりました。その際は「新年度に入り出来るだけ早い時期には意思表示を…」と答えています。市長選挙に初めてチャレンジした12年前も含めて、二期目、三期目ともに、市長選挙に挑むに際しては、自分なりに熟慮を重ね、重大な決意を持ってチャレンジしてきました。今回の判断はこれまで以上に難しい判断になることは間違いありません。だからこそ、悔いの残らない判断をしたいと思います。

  最後に改めて、今年が熊本市にとりまして災害のない平穏な年であること、そして明るい未来を力強く切り開くような年であることを祈りたいと思います。
そして私も今年も頑張ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。


//
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  [2]平成26年 かたりはじめ 新年会開催のお知らせ
現在、参加者受付中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 毎年恒例の新年会を市内各地区にて開催いたします。どなたでもご参加いただけます。お近くの会場にてお待ち申し上げております。
 現在、どの会場も参加者を募集中です。お気軽にご参加いただけます。
  
 ◆天明地区 
[日時]1月18日(土)
[会場]たておか会館 ℡(096)-227-0017
          18:00~20:00(受付17:30~)

 
 ◆飽田地区 
[日時]1月25日(土)
[会場]はやしだ ℡(096)-227-0076
      18:00~20:00(受付17:30~)

 ◆城南地区 
[日時]1月31日(金)
[会場]鮎のみどりや ℡(0964)-28-2062
      18:30~20:30(受付18:00~)

 
 ◆河内地区 
[日時]2月1日(土)
[会場]夢美咲 ℡(096)-276-1866
    18:00~20:00(受付17:30~)

 
 ◆龍田・東部・託麻・清水地区 
[日時]2月8日(土)
[会場]火の国ハイツ ℡(096)-380-3305
           18:00~20:00(受付17:30~)

 
 ◆市内全域 
[日時]2月20日(木)
[会場]ホテルニューオータニ熊本 ℡(096)-326-1111
           18:30~20:30(受付17:30~)


[主催]幸山政史後援会


//
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   [3]コウヤマdata 〜 成人式と流行語〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日は熊本市で成人式が行われました。成人になられた皆様おめでとうございます。
さて、市長はご自身の成人式の時代を振り返って、2006年1月9日のコウヤマノートで
このように語っていらっしゃいます。

「私は昨年で40歳となり、よく言われることだが、2度目の成人を迎えたことになる。今朝新聞を読んでいたら、20年前の流行語大賞に‘新人類’という言葉がランクインしていたとのこと。確かにそのように記憶している。その‘新人類’が、成人してからの20年間、色んなことを経験してきた。」・・・この続きはぜひコウヤマノートで日付検索からご覧下さい。市長は新成人に寄せる期待を語っていらっしゃいます。


ところで昨年の流行語大賞は「お・も・て・な・し」などが選ばれましたが、今年成人式を迎えた皆さんが生まれた年まで戻って、その時代を代表する流行語大賞などを調べてみました。

  1993年(平成5年) Jリーグ
94年(平成6年) 同情するならカネをくれ
95年(平成7年) 無党派
96年(平成8年) メークドラマ
97年(平成9年) 失楽園
98年(平成10年)だっちゅーの
99年(平成11年)リベンジ
  2000年(平成12年)おっはー
01年(平成13年)聖域なき構造改革
02年(平成14年)タマちゃん
03年(平成15年)マニフェスト
04年(平成16年)チョー気持ちいい
05年(平成17年)小泉劇場・想定内
06年(平成18年)イナバウアー
07年(平成19年)どげんかせんといかん
08年(平成20年)グ~
09年(平成21年)政権交代
10年(平成22年)ゲゲゲの
11年(平成23年)なでしこジャパン
12年(平成24年)ワイルドだろぉ
13年(平成25年)おもてなし・今でしょ

いかがでしょうか?どれもうなずける流行語でしたね。政治関係の言葉もけっこう選ばれています。
上には書いていませんが、2003年の「毒まんじゅう」も流行語に選ばれました。これを説明できる方は政治に詳しい方ですね。


//
☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
新春の集いでそれぞれの地区後援会にお出かけしていくのが、とても楽しみです。最後は市内全域で400名を超える集いになります。今年はテレビ、新聞などの取材が多いようです。(大橋)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸山せいしマガジンについて

【ご意見をお待ちしています】
 ・ご意見やご要望は、お気軽にメールでお送り下さい。 
 ・セキュリティ確保のため、メール添付ファイルは開かず削除します。
  ご意見は、本文のみでお送りくださるようお願い致します。
 ・「幸山せいしマガジン」に対するご要望やご提言などはこちらへ。
  →jimusho@kohyama-office.com 
【このメルマガについて】
 ・転送、転載は自由です。ご友人に紹介いただけます。
 ・「幸山せいしマガジン」の配信申込・解除はこちら。
 → http://www.kohyama-office.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:幸山政史事務所
住所:熊本市北区貢町378-1
電話:096-245-3525
FAX:096-245-3542
Eメール:jimusho@kohyama-office.com

一覧へ戻る

幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード