メールマガジン『幸山政史のひとりごと』バックナンバー

一覧へ戻る

vol.19『多選がもたらす政治の停滞 忖度が助長する“裸の王様”』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ メルマガ『幸山政史のひとりごと』
。 ――――――――――――――――
◆ Vol.19 2019.6.14
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールマガジンは、幸山政史が名刺交換
をさせていただいた方にもお送りしておりま
す。配信をご希望でない方はお手数をお掛け
いたしますが、下記アドレスより配信停止の
お手続きをお願いいたします。

●メールマガジン配信停止はこちら
http://www.kohyama-office.com/magazine/



『多選がもたらす政治の停滞
 忖度が助長する“裸の王様”』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

今でも時々「何で熊本市長を辞めたの?」と
尋ねられることがあります。その後続くのが
「まだ若かったのに、もったいない!」や
「何か他人に言えない理由があったんでしょ
!」「あと1期務めてから県知事選に挑戦す
ればよかったのに」等々……。

市長を辞める決断には、確固たる理由があり
ました。それは純粋に「多選は良くない」と
考えるからです。私にとって年齢や私利私欲
は関係ありません。そして、そのことは市長
在任中に何度も発言してきたことであり、
「政治家として自らの言葉に責任を持ちたい」
とも考えました。それが全てで、残念ながら
他人に言えない理由なんてありません(笑)

       -----

それでは「なぜ多選は良くないのか」、私の
熊本市長3期12年の経験から次の3つの理由を
挙げます。


【1】「政治にマンネリ化を招くこと」

それは自分自身にも、有権者の中にも、長く
なれば必ず芽生えてくるものです。妙に物分
かりがよくなりチャレンジ精神が失われ、有
権者にとってはお任せ政治となり「どうせ変
わらない」との諦めが先に立つようになりま
す。

【2】「周囲に忖度が働いたり、自分しかこ
の仕事はできないという思い込みが強くなる
こと」

“裸の王様”ではありませんが、いつしか周
りに苦言を呈する人がいなくなってしまいま
す。それは、いなくなってしまうというより
も、むしろ自ら遠ざけてしまっている場合も
多いようです。

【3】「新たな人材の進出を阻むこと」

“市民のため”が、いつしか“保身”に置き
換わっているのではないか。周囲の“イエス
マン”から否定的な意見が聞こえてくること
は決してありませんので、自らをかなり厳し
く律する必要があります。

やがて周囲の忖度を受けて次第に居心地がよ
くなり「自分に限ってそんなことはない」と
正当化しようとするのです。

とはいえ私は、一時期流行った多選を制限す
る条例を作ることはしませんでした。出処進
退は政治家として自ら判断することと心に深
く刻んでいたからです。

       -----

それから「なぜ辞めた?」の問いにあえて付
け加えたいのは、県知事選に立候補するため
に辞めたのではないということ。市長という
職責を終えてから、しばらく考えた末に県知
事選に挑戦しようと考えました。このことも
自分なりのこだわりで、市長という職を知事
への踏み台にしてはいけないし、そんな風に
受け取られたら熊本市民に申し訳ないとさえ
思いました。

私が政治家としてスタートしたのが29歳の時
で現在は54歳になりました。この間にさまざ
まな経験を積んできましたが、基本的な考え
方や政治に向き合う姿勢は全くといっていい
ほど変わっていません。「成長がないんです
よ」と自嘲気味に話すこともありますが、特
にこの3年間は何物にも代え難い貴重な経験
を積み重ねています。

現在はこの間に考え続けてきた答えを、より
明確に具体化している最中です。熊本の将来
を確かなものにするように、熊本の政治をよ
りよくするために、これからも頑張ってまい
ります。

梅雨入り前のうっとうしい季節、皆様方には
くれぐれもご自愛のうえ、健やかにお過ごし
ください。




☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第16回『幸山政史の会』総会のご案内

★開催日間近です★

『幸山政史の会』総会および懇親会を、下記
のとおり開催いたします。会員の皆様には何
かとお忙しいことと存じますが、これからの
熊本を語り合う機会になればとも考えており
ますので、ぜひともご出席いただきますよう
お願い申し上げます。

日時 令和元年6月18日 火曜日18:30~
場所 ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ2F
会費 懇親会費7,000円

お申し込み・お問い合わせは
幸山政史事務所 電話096-245-3525または
メール jimusho@kohyama-office.com まで

なお、会員でない方でもご参加いただけます。
今後ぜひご入会をご検討ください。

『幸山政史の会』とは、幸山政史本人が代表
を務める、唯一の政治資金管理団体です。



☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]Facebookピックアップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookで日々の活動などを配信しています。
ぜひご覧ください。

幸山政史ページ↓↓↓
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/


■5月17日【細川重賢公 宝暦の改革】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2489852754382178

■18日【雨天にも関わらず… 藤崎台球場 WE=KYUSHUデー in KUMAMOTO】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2491897560844364

■21日【悲惨な事故を繰り返さないためにも】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2496772547023532

■24日【多文化共生社会は待ったなし ~熊本イスラミックセンターを訪れて~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2502512019782918

■26日【記録的な暑さの中に 第1回高森五月コンサート】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2505831149451005

■28日【社会を映す鏡として こうのとりのゆりかご昨年度の状況公表】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2508754279158692

■30日【再び熊本イスラミックセンターへ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2512472808786839

■31日【次世代に引き継ぐべきもの ~人吉海軍航空基地資料館~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2514806181886835

■6月3日【戦跡を後世に引き継ぐために ~荒尾二造を訪れて~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2520162151351238

■6日【またしても… 福岡市で高齢者の運転による痛ましい事故】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2525321300835323

■6日【数値目標の難しさ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2525451790822274

■7日【日本語教育の現状】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2527220423978744

■8日【熊本のベストポケットパーク オモケンパーク】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2529066727127447

■10日【微笑ましく…】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2532596430107810

■11日【梅雨入り前に ~住吉自然公園(あじさい公園)~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2534417106592409




メールマガジンの配信などについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 ●メールマガジンバックナンバー
 http://www.kohyama-office.com/magazine/

 ●メールマガジン配信先の変更・停止
 http://www.kohyama-office.com/magazine/


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ 発行:幸山政史事務所
。
◆ 〒861-5535 熊本県熊本市北区貢町378-1
。 TEL:096-245-3525
◆ FAX:096-245-3542
。 Eメール:jimusho@kohyama-office.com
◆
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸山政史の活動や事務所からのお知らせをお届けする、不定期発行のメールマガジンです。

メールマガジン登録

メールアドレス (必須)


お名前 (必須)


幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード