メールマガジン『幸山政史のひとりごと』バックナンバー

一覧へ戻る

vol.18『“他人ごと”から“自分ごと”へ 意識を変えて未来を変える』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ メルマガ『幸山政史のひとりごと』
。 ――――――――――――――――
◆ Vol.18 2019.5.15
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールマガジンは、幸山政史が名刺交換
をさせていただいた方にもお送りしておりま
す。配信をご希望でない方はお手数をお掛け
いたしますが、下記アドレスより配信停止の
お手続きをお願いいたします。

●メールマガジン配信停止はこちら
http://www.kohyama-office.com/magazine/



『“他人ごと”から“自分ごと”へ
 意識を変えて未来を変える』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

皆さんは、大型連休をどのように過ごされま
したか。私は遠出をすることなく、せっかく
のまとまった時間は県内各地を見て回ること
に充てました。いろいろと印象深かったので
すが、特に平成最後の日から令和初日にかけ
て長洲町で開催された『24時間スイムリレー』
合計9万メートル超えの感動のゴールに立ち
会えたことはとても光栄でした。

連休明けに、よく行くガソリンスタンドに立
ち寄ると、その日はセルフサービスだけのノ
ーサービスデー。「人手不足の上に働き方改
革、やりくりが大変厳しい」と店主が嘆いて
おられました。報道では海外旅行や改元イベ
ント等で盛り上がる様子が紹介されていまし
たが、深刻さは増すばかり。経済指標も一時
期の勢いはなく、新しい時代の幕開けに先行
きの不透明さを実感することとなりました。

       -----

ところで消費増税は予定通りなのでしょうか。
これまで2度の先送りが実施され、今回も参
議院議員選挙前であり、与党幹部から先送り
を示唆するような発言も飛び出したことから、
まだ予断を許さないようです。実際にこれま
で延期されてきた時よりも、経済情勢は厳し
さが増しています。

また先日は国の借金が未曽有の1,100兆円を
超えたことも公表されました。社会保障の手
当てを含め、これ以上むやみに借金を増やせ
ないことから「増税やむなし」かもしれませ
んが、その内容を吟味することは絶対に必要
です。“他人ごと”ではいられません。

       -----

先月の統一地方選挙に話題を戻すと、“低投
票率”と“なり手不足”の要因は、地方の行
政や政治が“他人ごと”だからなのかもしれ
ません。「誰がやっても一緒」「どうせ変わ
らない」そう感じていれば、落選のリスクを
負ってまで選挙に出ようとは思わないでしょ
うし、わざわざ投票に行くこともないのでし
ょう。

子育て、保育、教育、健康、介護、年金、生
活保護、障がい者福祉、就労、農業、環境、
防災、多文化共生等々、人の関心事はさまざ
まであり、それら全てに地方自治体が深く関
わっているのに、なぜ“他人ごと”なのでし
ょうか。それは“国”もしくは“他の誰か”
が「どうにかしてくれる」といった依存体質
も要因です。また昨今の国の動きは地方の裁
量権を弱め、均質化しようとしているようで
もあります。

歴史は繰り返しますが、増えた分を分配する
“右肩上がりの時代”はそれで済むのでしょ
うが、環境が一変すれば負担の押し付け合い
になるだけです。そのことも想定し、“国と
のパイプ”が最重要視される現在だからこそ、
自分のことは自分で決める地方自治本来の姿
を取り戻すことが重要であり、国と地方、地
方の中では県と市町村のあり方を見直すこと
が求められています。

それらを考えても、地方の行政や政治に無関
心ではいられないはずです。「誰がやっても
一緒」ではなく、私たちの手で変えることが
できるのです。今まさに求められているのは
“他人ごと”を“自分ごと”に転換すること。
そのことが熊本の現在を乗り越え未来を切り
開く鍵を握っています。




☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第16回『幸山政史の会』総会のご案内

『幸山政史の会』総会および懇親会を、下記
のとおり開催いたします。会員の皆様には何
かとお忙しいことと存じますが、これからの
熊本を語り合う機会になればとも考えており
ますので、ぜひともご出席いただきますよう
お願い申し上げます。

日時 令和元年6月18日 火曜日18:30~
場所 ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ2F
会費 懇親会費7,000円

お申し込み・お問い合わせは
幸山政史事務所 電話096-245-3525または
メール jimusho@kohyama-office.com まで

なお、会員でない方でもご参加いただけます。
今後ぜひご入会をご検討ください。

『幸山政史の会』とは、幸山政史本人が代表
を務める、唯一の政治資金管理団体です。



☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]Facebookピックアップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookで日々の活動などを配信しています。
ぜひご覧ください。

幸山政史ページ↓↓↓
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/


■4月16日【熊本地震から3年が過ぎ・・・】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2438172739550180

■17日【熊本のクラフトビール ザ・レッドランプ5】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2439752666058854

■19日【千載一遇のチャンス 小国町・北里柴三郎記念館】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2443525515681569

■22日【統一地方選あれこれ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2448641291836658

■23日【新たな生命を吹き込まれ 山都町・通潤酒造寛政蔵】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2450289625005158

■24日【癒やしの空間 山都町・みずたまカフェ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2451435021557285

■29日【平成から令和へ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2459502634083857

■30日【平成の終わりに】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2461679417199512

■5月1日【“令和”の迎え方 24時間チャリティースイムリレー】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2463160817051372

■2日【乙女塚を訪れて】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2464753090225478

■3日【画家と珈琲店 津奈木町・つなぎ美術館】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2466242993409821

■8日【山鹿温泉散策】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2474586575908796

■9日【老舗企業 宇城市・篠崎造船鉄工所】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2476138792420241

■10日【ひさしぶりに・・・】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2477738295593624

■12日【空港の将来像】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2481479995219454




メールマガジンの配信などについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 ●メールマガジンバックナンバー
 http://www.kohyama-office.com/magazine/

 ●メールマガジン配信先の変更・停止
 http://www.kohyama-office.com/magazine/


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ 発行:幸山政史事務所
。
◆ 〒861-5535 熊本県熊本市北区貢町378-1
。 TEL:096-245-3525
◆ FAX:096-245-3542
。 Eメール:jimusho@kohyama-office.com
◆
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸山政史の活動や事務所からのお知らせをお届けする、不定期発行のメールマガジンです。

メールマガジン登録

メールアドレス (必須)


お名前 (必須)


幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード