メールマガジン『幸山政史のひとりごと』バックナンバー

一覧へ戻る

vol.17『無投票当選と投票率にみるこれからの選挙の課題』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ メルマガ『幸山政史のひとりごと』
。 ――――――――――――――――
◆ Vol.17 2019.4.15
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールマガジンは、幸山政史が名刺交換
をさせていただいた方にもお送りしておりま
す。配信をご希望でない方はお手数をお掛け
いたしますが、下記アドレスより配信停止の
お手続きをお願いいたします。

●メールマガジン配信停止はこちら
http://www.kohyama-office.com/magazine/



『無投票当選と投票率にみる
 これからの選挙の課題』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

統一地方選挙の前半戦が終わりました。熊本
県では県議選と熊本市議選が挙行され、県議
選では21選挙区のうち、熊本市第2選挙区も
含む12の選挙区で無投票当選。約4割の有権
者が投票する機会さえも与えられずに、当選
者が決まりました。後半戦の葦北郡津奈木町
の町議選でも、10人の定数に対して現在のと
ころ立候補予定者が9人。定員割れが現実味
を帯びてきたようです。投票率の低下傾向も
変わることはなく、なり手不足や低投票率は
熊本県だけでなく全国的に深刻な問題です。
小規模な自治体では定数削減だけでなく報酬
アップや夜間議会の開催、兼業制限の緩和等
の対策や議論が始まっていますが、一体なぜ
こんな事態が生じるのでしょう。

【誰もが出馬できる選挙制度へ】

県議選において多くの無投票区が生じた原因
は、選挙制度自体に問題があるのかもしれま
せん。無投票当選は1人区など定員が少数の
場合が多いようです。議員が固定化してしま
うと、新人が手を挙げにくくなり、女性議員
が増えないことの要因ともいわれています。
有権者からすれば選択肢が少ないことから選
挙を棄権する人が多くなり、社会の多様性の
反映が難しくなることも問題です。

選挙運動に関する費用についてみてみると、
以前に比べれば公費負担もあり、かかる費用
は少なくなったと思います。町村議選ではゼ
ロですが、それ以外の選挙では事前に一定額
の供託金を納付する必要があります。例えば
政令指定都市の市長選挙は240万円、県議選
では60万円等です。今回熊本市中央区のある
新人候補者はアルバイトで供託金を貯めたと
の記事を目にしました。この際、供託金制度
の廃止も検討する必要があるのではないで
しょうか。

【抜本的選挙改革が政策を研ぎ澄ます】

選挙運動のあり方についても「例えば選挙カ
ーは本当に必要なのか」疑問を呈します。あ
の大音量で名前を連呼するスタイルには顔を
しかめる人も少なくありません。実際に私も
使ってきましたが、街頭演説の場所から場所
へと移動するための手段と割り切り、なるべ
く名前の連呼にならないように気を付けてい
ます。

それよりも、公が立ち会い演説会や公開討論
会の場を用意し、有権者は必ずそれを聞いた
上で投票する等、政策本位の選挙に切り替え
ることができれば、選挙カーのような手段は
不要になるかもしれません。また候補者の公
約も論争を重ねることで、政策が磨かれてい
くのではないでしょうか。その上で政治家と
いう職業を魅力あるものにしていかなければ
なりません。

将来なりたい職業のアンケートでは政治家は
常に最低レベルにあります。立候補しようと
思ったが「家族や周囲の大反対で断念した」
や「少し変わり者扱いされた」などは、よく
聞く話です。その点では、今回の熊本市議選
は新人の立候補者が多く、世代交代が進んだ
ことは望ましいことです。

【政治家の矜持を胸に】

先日Facebookでも取り上げたことですが、
福岡県知事選の途中で飛び出した国交副大臣
の“忖度発言”は問題です。あの閉鎖された
空間では拍手が起きたとしても、一歩外に出
ると批判にさらされ、結果的には辞任に追い
込まれることになりました。もちろん辞任して
済むような問題ではなく、「政治家とは所詮
そんなもの」と多くの人に印象を与えたとす
るならば、やはり大問題です。さらに、この
原稿を作っている途中で今度はオリンピック・
パラリンピック担当大臣が失言で辞任しまし
た。コメントのしようがないほど低レベルな
発言に呆れてしまいました。

政治が内向きになればなるほど、温度差は広
がり、全体として政治離れは進みます。目の
前の支援者だけを見るのではなく、全体の代
表としての自覚も必要なのです。もちろん自
らの言葉に責任を持たなければなりません。

       -----

私は現在も政治活動を続けています。29歳で
第一歩を踏み出した時、信頼される政治、身
近な政治を体現したいと思いました。その思
いは今も変わることはありません。今回の統
一地方選挙から見えてくる問題を真摯に受け
とめて、政治家がやってみたい職業となり、
新しい人たちが挑戦したくなるように、私自
身も身をもって行動していきたいと思います。


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「幸の会 春の集い」のご案内
 
女性会員だけの「幸の会」では、「春の集い」
を開催いたします。多くの皆さまのご参加を
お待ちしております。
 
日時 令和元年5月25日 土曜日11:30~13:30
場所 ザ・ニューホテル熊本
     (旧ホテルニューオータニ)
会費 3,000円(ランチ代含む)
 
お申し込み・お問い合わせは
幸山政史事務所 電話096-245-3525または
メール jimusho@kohyama-office.com まで
 
「幸の会」は幸山政史を応援くださる女性の
方々の集まりです。年会費などは必要ありま
せん。随時会員を募集中です。ぜひご参加く
ださい!



☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]Facebookピックアップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookで日々の活動などを配信しています。
ぜひご覧ください。

幸山政史ページ↓↓↓
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/


■3月10日【豊かな暮らし 山都町・白糸台地】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2382604461773675

■14日【福岡の街を歩きながら】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2387855577915230

■16日【宇土の城下町を歩く】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2390593970974724

■17日【新熊本駅舎完成】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2392142240819897

■19日【ひとりごと】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2394225970611524

■20日【はじめの一歩 シェアハウスIPPO(いっぽ)】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2396973000336821

■21日【統一地方選挙】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2398496436851144

■22日【イチロー選手】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2399191890114932

■25日【水前寺まつり】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2403759776324810

■25日【熊本都市圏の発展を見据えて】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2404196199614501

■28日【春の甲子園】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2408932302474224

■29日【街のご褒美 熊本市電】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2410393792328075

■30日【統一地方選挙前半戦】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2411809628853158

■31日【桜花爛漫】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2414089268625194

■4月5日【何が問題なのか】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2421151804585607

■6日【素敵なコラボ 白岳ハイボールフェス】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2423067041060750

■11日【ラウンドアバウト】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2430483433652444

■13日【プレーオフ進出決定 熊本ヴォルターズ】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/2434413853259402




メールマガジンの配信などについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 ●メールマガジンバックナンバー
 http://www.kohyama-office.com/magazine/

 ●メールマガジン配信先の変更・停止
 http://www.kohyama-office.com/magazine/


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ 発行:幸山政史事務所
。
◆ 〒861-5535 熊本県熊本市北区貢町378-1
。 TEL:096-245-3525
◆ FAX:096-245-3542
。 Eメール:jimusho@kohyama-office.com
◆
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸山政史の活動や事務所からのお知らせをお届けする、不定期発行のメールマガジンです。

メールマガジン登録

メールアドレス (必須)


お名前 (必須)


幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード