メールマガジン『幸山政史のひとりごと』バックナンバー

一覧へ戻る

vol.3『民営化がもたらすもの』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ メルマガ『幸山政史のひとりごと』
。 ――――――――――――――――
◆ Vol.3 2018.2.15
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールマガジンは、幸山政史が名刺交換
をさせていただいた方にもお送りしておりま
す。配信をご希望でない方はお手数をお掛け
いたしますが、下記アドレスより配信停止の
お手続きをお願いいたします。

●メールマガジン配信停止はこちら
http://www.kohyama-office.com/magazine/



『民営化がもたらすもの』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

平昌オリンピックがいよいよ始まりました。
これまではドーピング問題や“政治五輪”な
ど、本来の競技以外のことに注目が集まった
感がありましたが、既に日本勢のメダルラッ
シュも始まっています。しばらくは純粋に冬
のスポーツの祭典を楽しみたいものですね。

スポーツといえば『熊本城マラソン2018』が
今週末に開催されます。私自身4年ぶりのフ
ルマラソンへの挑戦となりまして、こちらは
「純粋にスポーツを楽しむ!」というわけに
はいかないようです(笑)それでも“日本一”
といわれる沿道の大応援団やおもてなしを力
に変えて、最後までしっかりと走り抜きます!

       ・・・・・

話は変わりますが、最近、また“民営化”と
いう言葉をよく聞くようになりました。少し
前であれば小泉総理時代の郵政民営化。もう
少し前なら国鉄を含む3公社5現業の見直し。
国鉄は現在のJR貨物と6つの地域別のJRに分
割民営化されました。

郵政民営化とは一体何だったのか、財政投融
資の見直し以外に何が変わったのか、何をも
たらしたのか、今もって総括ができていない
ように思えます。また先日JR九州が大幅な減
便を公表したことで各自治体から反発の声が
上がっていますが、ある意味では国鉄が分割
民営化された時点で予想できたことかもしれ
ません。

私自身、民営化を全否定するものではなく、
熊本市長在任中は保育園や学校給食、家庭ゴ
ミ収集、市営バスなどの民営化や民間委託を
進めました。ただ、先ほどの郵政や国鉄の例
だけでなく、私の経験も踏まえて気になるこ
とは、民営化した際のメリットだけでなく、
将来的な可能性も含めたデメリットの議論が
しっかりとなされているのか、ということ。

「幸いなことに」といえば誤解を与えるかも
しれませんが、私が市長時代の市議会は与野
党の区別が無いに等しく、活発な議論、とい
うか“紛糾”することはよくあり、先ほどの
民営化・民間委託で当初からスムーズに進ん
だものは何一つありませんでした。当時はも
どかしく感じることもありましたが、おかげ
で、先ほどのデメリットも含めて突っ込んだ
議論がなされ、そこから“民営化しても守ら
なければならないもの”が浮き彫りになった
こともありました。

現在はアベノミクスの3本目の矢・規制緩和
の延長線上にさまざまな民営化が進められつ
つありますが、熊本にも関係があるのが熊本
空港。熊本空港はやがてプロポーザル方式に
より運営会社が決定され、最長で58年間民間
委託されることになります。熊本地震からの
復興の目玉としても注目されています。決し
て雰囲気に流されることなく注意深く見てい
く必要がありそうですね。

       ・・・・・

1月、2月と各地区後援会主催の“新春の集い”
や、企業・団体・グループなどの新年会に出
席してきましたが、いよいよ今月21日に開催
される県内全域の方対象の“新春の集い”が
近づいてきました。既に各地からのお申し込
みをいただいており心から感謝申し上げます。

先ほどの話題も含め、熊本の復興のあり方や
未来を考える、そんな機会になればとも思い
ますので、お申し込みがまだの方も奮っての
ご参加を心からお待ちしております。



☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1]お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■幸山政史「新春の集い」のご案内
温故創新 ~明日の熊本へプラスオン~

熊本地震からやがて2年が過ぎようとしてお
り、復興事業はこれから本格化することにな
ります。そこであらためて新年にあたり「創
造的復興」の目指すところを共に考え、語り
合う機会になればと思います。皆さまのご参
加を心からお待ちしております。

日時 平成30年2月21日 水曜日18:30~
場所 ホテル日航熊本
会費 7,000円
申込締切 2月19日 月曜日まで

お申し込み・お問い合わせは
幸山政史事務所 電話096-245-3525または
メール jimusho@kohyama-office.com まで



☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]Facebookピックアップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookで日々の活動などを配信しています。
ぜひご覧ください。

幸山政史ページ↓↓↓
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/

■1月10日【新春の集い】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1800531313314329

■16日【学生たちとの懇談から】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1806675612699899

■19日【あらためて地方自治を考える】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1810353938998733

■24日【地域の観光振興を考える ~第三セクター『くまがわ下り』訪問~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1815648258469301

■25日【ゼロになったとしても ~『熊本市動物愛護センター』の取り組みから~】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1816765421690918

■28日【仮設住宅で世界一の乾杯を】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1820330568001070

■2月6日【本妙寺で復興について考える】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1830491546984972

■7日【これからもフェアトレードを応援します!】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1831240763576717

■10日【天草地域活性化の萌芽】
https://www.facebook.com/kohyamaseishi/posts/1834684436565683



メールマガジンの配信などについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 ●メールマガジンバックナンバー
 http://www.kohyama-office.com/magazine/

 ●メールマガジン配信先の変更・停止
 http://www.kohyama-office.com/magazine/


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
。
◆ 発行:幸山政史事務所
。
◆ 〒861-5535 熊本県熊本市北区貢町378-1
。 TEL:096-245-3525
◆ FAX:096-245-3542
。 Eメール:jimusho@kohyama-office.com
◆
。 http://www.kohyama-office.com/
◆
。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
						

幸山政史の活動や事務所からのお知らせをお届けする、不定期発行のメールマガジンです。

メールマガジン登録

メールアドレス (必須)


お名前 (必須)


幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード