コウヤマノート

検証される側から・・・

2017年10月31日

来月21日に開催される大西熊本市長の『ローカルマニフェスト公開検証会2017』で、私はコーディネーターを引き受けることに。

最初に打診があった時には、前職である私が関わることに正直言って少し躊躇した。しかしながら、私の熊本市長在任中の12年間も、毎年のように公開検証会やマニフェスト型公開討論会が開催され、そのいい意味での緊張感が市政の課題を前進させる大きな原動力になったと今でも実感している。

また検証されながらも、「もっと、こうしたらいいのにな」と感じる時もあり、市民の皆さんにより関心を高めてもらうために、当時感じていたことを今回の進行に反映できればとも考えた。

そしてなにより検証の目的は、一人でも多くの市民が参加し、市政への関心を高めることで、それらを熊本市のまちづくりに活かしていくことにある。

先週は私の事務所で実行委員会の皆さんと事前の打ち合わせを。市民の一人として、しっかりとその役割が果たせればと思う。
幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード