コウヤマノート

最後の最後まで慎重に

2017年10月9日

我が家には18歳になったばかりの息子がいて今回の衆院選が初めての選挙。
その息子になんらかのアドバイスをしたいとも思うが、現状ではとても説明が難しい。

そもそも何故今解散する必要があったのか、新党も含めた政党間の政策の違いは何なのか、選挙後に3極とは異なる枠組みがあり得るのか等々。

公示を直前にして、ようやく各党の政策が出揃い、党首討論が開催されるようになった。その党首討論をいくつか観たものの、どれも表面的なもので時間も足らずに物足りなさは否めない。

これで「投票に行きなさい」と言う方が無茶なような気もしてくる。

今回の選挙は短期決戦であり、解散が現実味を帯びてから今日まで様々な動きがあっただけに、最後の最後まで政党や候補者の真贋や違いを見極め、慎重に一票を投じる必要があるようだ。

息子に対してはとりあえずは新聞記事を一つの教材に、自分なりの解釈を加えることで、判断材料を提供できるように努めたいと思う。
幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード