コウヤマノート

主役は私たち

2017年9月29日

昨日9月28日国会が解散された。恒例の議場での万歳三唱に、あまり力が入っていないように見えたのは私だけだろうか。

解散風が急に吹き始めてからここまで、ほぼ当初報道された通りに進んでいる。

「一旦は解散を判断しましたが、北朝鮮等の諸情勢を鑑み、解散しないことを決断しました」との、国連総会から帰国後の安倍総理の発言を期待していたが、やはりそれは私の浅はかな考えであったようだ。

ここにきて急速に政治が動き出し、その流れの中で"絶妙のタイミング"という言葉をよく耳にする。安倍総理の判断した解散時期、小池都知事の記者会見、民進党の実質的な解党、今後は「都知事辞任、出馬へ」もそう呼ばれるのだろうか。

それにしても小池都知事の政治的なパワーは卓越していると思う。パワーだけでなく勝負勘も優れていると言われている。「政治は結果が全て」ともいわれるので、都知事選挙や都議会議員選挙の結果から見ればそうなのかもしれない。

ただ、政治と選挙は異なる。選挙が全てではない。

いつの間にか安倍総理が仕掛けたこの選挙の主役となった。今後も“希望の党”はどこと連携するのか、民進党の誰を公認し、しないのか。本人の出馬はあるのか。おそらく10日の公示までは主役であり続けるのだろうが、そこはしっかりと見極める必要があるようだ。

にわかに盛り上がってきたかのようでもあるが、熊本県民の声としては、まだ熊本震災からの復興途上であること、農業等が繁忙期であること、政策の違いがよく分からないこと等々を理由として冷めた声も少なくないように感じられる。

選挙のスケジュールが決まってしまったので後戻りはない。各候補者も政党も、残された時間は少ないのかもしれないが、必死になって理念や政策を訴えて欲しい。

タイミングの良し悪しやイメージを越えた、政治家の真贋を見極める選挙にしていかなけばならない。

やはり主役は私たちなのだから。
幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー
幸山政史facebookページ

 

QRコード