今、新たな挑戦へ―幸山市政3期を総括

平成14年、熊本市長初当選を果たし、走り続けてきた12年。12月2日に任期満了を迎え、通い慣れた庁舎を後に新たなスタートを切りました。これまでの政治家としてのあゆみを振り返り、3期にわたる幸山市政を総括するインタビュー特集。幸山政史のストレートな思いをご紹介します。

重い判断を下した「こうのとりのゆりかご」 今後も自問自答しながら見守っていく

―この12年間に熊本市で起きた派手な変化を挙げるのではなく、一番に市政改革やそれを支える仕組み作りなど、地味な取り組みを選ばれるあたり、とても市長らしい、人柄が現れた選択ですね。市長の役職を退いた今の心境はいかがですか。

幸山:市長に就任した時に目指した目標について、どこまでやれたか、自己評価から逃げてはいけないと思いますが、「どうぞ皆さんで評価してください」とゆだねたいと思います。現段階では評価が難しいものについても、10年後、20年後に答えが出るのではないでしょうか。

 12年間、全力で一時たりとも力を緩めたことはないと自負していますが、もちろん課題も残されていますし、道半ばのこともあります。ただ「ああしておけばよかった」「あの判断は間違いではなかったか」というような後悔はありません。

 一つだけ、判断したことで未だに気がかりなことは、「こうのとりのゆりかご」ですね。検討を重ねたうえで、法的な側面から違法性がないことを確認して、「『こうのとりのゆりかご』が存在することによって、救われる命があるのであれば」との思いを込めて、設置を認める判断に至りました。

 現在まで101件の預け入れがあり、その中で、実際に救われた命がどのくらいあるのか。また、許可するときに「安易な遺棄につながるのではないか」という反対意見もあったように、実際に遺棄を助長したと考えられる例はどれくらいあったのか。それだけでなく、置かれた子どもの将来にわたる幸せを考えた場合、まだ課題は残されています。

 本当にあの判断が正しかったのかどうか。実際にどのような影響を与えているのか。ゆりかごの設置と同時に検証を続けてきましたが、はっきりとした結論が出ないままに、市長職を離れてしまうことが、唯一心残りではあります。

―検証には長い時間がかかる事案だからこその心残りだといえるでしょうね。その判断基準は、元々の政治姿勢につながるものなのでは?

幸山:テレビ番組やドラマなどの題材にもされてきましたが、その取材のたびに「決して美化しないでください」と申し入れてきました。一方向に流れてしまうことを懸念しています。

 私は認可の判断をしたことを誇るつもりはありませんが、とても重い判断をした責任者であることは間違いないんです。

 仮に、預けられた赤ちゃんが成長し、何らかのきっかけで自分の出自を知り、私のところに来て、「あなたが『こうのとりのゆりかご』を許可したから、私の親がわからなくなってしまった。どうしてくれるんですか」と言われたとしたら、私は何と答えるだろうか。たぶん答えに窮するのでしょう。その責任はずっと負い続けなければならない、重い決断だったと思っています。

 設置する時、慈恵病院では、ドイツの例から見て見ると、年間に1件あるかないかだろうと推測されていました。私は設置を許可した際の記者会見で「許可はするが、できるだけ使われないほうが望ましい」と申し上げましたが、結果的には現在まで101件も利用されたわけです。

 また最近、乳児の遺体が遺棄されたという事件が起きたことは、とても残念なことでした。しかし、そういった事件が起きたからといって「すぐに閉鎖しろ」とするのではなく、なぜそういった事件が起きたのか、その背景に潜在する問題を掘り起こし、対応策を考えることが最も大切なことなんです。「こうのとりのゆりかご」の存在を、短絡的に結論付けはしてほしくないですね。

 遺棄にばかり注目されますが、一方では慈恵病院には全国から相談が寄せられています。「こうのとりのゆりかご」という存在があるからこそ、表面に現れる問題もありますので、そういった点も含めて、評価されるべきだろうと考えています。

 「救われる命があれば」と願い、許可した「こうのとりのゆりかご」については、今後も自分に問い掛け続けなければいけないと思っています。これからは判断した当事者として携わることはできませんが、ずっと見守り続けていきたいですね。

―設置に当たっては、国の判断もありましたね。

幸山:国からは倫理的、あるいは道徳的な観点から「子どもは親が育てるべきである」「安易な遺棄につながるのではないか」という意見がありました。そのことを「圧力を掛けられましたね」とおっしゃった方もいましたが、私はそうは感じませんでした。決める権限は熊本市にありますし、仮にそれを認められないのであれば、法律を変えればいい。国の関係者の意見は、ただの感想に過ぎないという印象で、揺さぶられることはありませんでした。ただ、法の解釈については、国に意見を求めるしかなかったので、それは丁寧に行ったつもりです。

幸山政史の一問一答幸山政史の会

スタッフダイアリー
幸山政史インタビュー